ポリエム - お客様の声 -

特別支援学校よりレポートをいただきました。

特別支援学校 レポート

ポリエム箱贈呈ドイツ

上の写真はドイツの幼稚園でのイメージです。


今回ポリエムから教育用セットを提供し、実際に特別支援学校で使用していただきました。
2018年4月から3ヶ月間ご使用いただき、7月にレポートをいただきました。

児童生徒さんについて

年齢(学年): 特別支援学校小学部 1・2年生。
発達の状況: 知的障害、自閉症、ADHA、ダウン症等

使用時の児童生徒さんの反応

教師が感じた教育的効果

  • 休み時間に好きなものを作って集中して遊んでいた。(5人/9人)
  • 見立てあそびが活発になった。(乗り物や銃を作って友だちや教師と遊ぶ)
  • 指先の力が弱い児童は、自分で接続するのは難しいが、素材が軟らかいので、自分で外すことができた。
  • 小さいパーツをつなげるのが難しい児童には、箱のふたを土台にして付けたり外したりする活動が有効だった。
ポリエム蓋と箱

上の写真はドイツの幼稚園でのイメージです。
日本では、プラスティクの箱および蓋は、プレスクール園用セットには含まれず、別売りオプションとなります。

使用時に工夫した点

  • 初めての紹介時 インパクトがある赤い箱を生かして「みんなにプレゼントが届いたよ、なんだろう」と見せたり(箱を振って)音を聞かせて考えさせたりした。そのあと、ばーっとブロックを箱から出した。
  • 次からは、教室において休み時間の遊具にしたが、はじめの紹介をそのように設定することで、こども達がとても興味を持ち、人気の遊具になった。

使いにくさ

デメリット

  • 決められたパーツしかはめられないパーツがある。

その他お気づきの点

  • L字パイプ型のパーツは、児童に人気のパーツで、いろいろなものに見立てて遊んでいた。(ロボットの腕、耳など)児童の工夫を引き出すのに有効なパーツだと思った。
  • 冊子にある見本が、児童の作ってみたいという気持ちを引き出していた。自分なりにアレンジする姿も見られた。
L字パイプ型パーツ

上の写真は、子ども達がつくったのではなく、私たちがつくったイメージです。


ヨハンから> 貴重なレポートをありがとうございました。